春のゆらぎ肌を整える

ニキビ研究所

ニキビ・毛穴の悩みサロンの人気メニュー

2017/03/27 春のゆらぎ肌を整える

「ニキビを治して、すっぴん美人!」

素肌を綺麗にするニキビ専門エステ、八王子ニキビ研究所の牛尾です。

 

昨日から冬に逆戻りしてしまったようなお天気です。

うちの息子も昨夜から頭痛がひどく、今朝は38.8度の熱が出てしまいました(^_^;)

うどんを食べさせ、慌てて出勤したら、体調不良でキャンセルのお電話。

昨日ご来店のお客様も胃腸炎で3日寝込んだとか。

季節の変わり目、体調もお肌も不安定な方が多いようです。

mask_woman

 

 

もともと、春先は一年のうちでもっともお肌の調子が不安定になりやすい季節。

三寒四温で自立神経が崩れやすくなり、気候の変化に対応して、皮脂や汗の分泌が活発になります。

季節のように肌の状態も「ゆらぎ肌」になりやすく、不安定でトラブルが起こしやすくなります。

さらに年々増えている花粉症。
花粉症は、花粉による刺激をアレルギーの一種として受け取り、身体が過剰な反応をしめしている状態です。
当然、お肌も花粉の影響を受けるので、鼻水やくしゃみが出なくても、赤みを帯びたアレルギー肌の方もたくさんいます。
【バリア機能を高めよう】
本来、お肌は肌を保護する「バリア機能」を持っています。
外部からの刺激が侵入するのを防ぐ機能と、お肌内部の水分を逃さない機能のこと。
お肌の表面を覆っている皮膚がコーティングの役割を果たして、お肌全体を守ってくれています。
お肌状態が良いときは、バリア機能が正常に働いているということなのです。
バリア機能が高い健康なお肌ならば、花粉の侵入もある程度は防ぐことができます。
ですが、季節の変わり目でお肌状態が不安定なときは、バリア機能も低下しています。
本来、外部からの刺激をブロックする役割を果たすバリア機能が正常でなくなると、花粉のような刺激物質が侵入してしまうのです。
バリア機能が乱れていると、水分も蒸発しやすくなるので、肌がカサカサと乾燥した状態になってしまいます。

17555352_1169576339819117_1633223284_n

おかげさまで「バリア機能強化キャンペーン」大好評です❤

春の肌トラブルを防ぐための最大のポイントは、「角質層を正常に保つ」ということです。
お肌に対する刺激を極力少なくすることと、角質層のモイスチャーバランス(水分と油分のバランス)を十分に保ち
バリア機能を正常に保つことが大切になってきます。

 

季節の変わり目で疲れやすい季節です。

お肌も体もいたわってください(*^_^*)

 

キャンペーンは5/7まで。

 

 

 

繰り返す大人ニキビ、顎ニキビ、生理前の肌荒れ、背中ニキビ、顔脱毛、ヒゲ脱毛(メンズ)
ニキビを治したい方は八王子ニキビ研究所にご相談ください!

 

八王子ニキビ研究所
電話番号 042-649-9110
住所 〒192-0046 東京都八王子市明神町3-22-8 エスアイハイム201
営業時間  10:00~20:00(最終受付18:00)
定休日 不定休

ご予約・お問い合わせ epris1204@yahoo.co.jp

山梨(甲府・大月・上野原)・埼玉・神奈川・調布・日野・豊田・府中・立川・国立・相模原・町田からもたくさんのお客様がご来店いただいています。
ありがとうございます(^^♪

 

TOP